長期化する世界不況の波は、ゲームソフト市場にも大きな影響を与えた。世界中のゲーム会社はその波を乗り越えるべく、さまざまな動きを活発化させている。

 一方で、クラウドコンピューティングにあるようなネット新技術を使った新しいコンテンツの提供方法、スマートフォンのような新しいモバイル端末など、周囲の関連分野はめまぐるしく動いている。

 さらには、中国市場・中国企業の台頭に代表されるように、世界の勢力地図も変化しつつある。これら大きな転換期を迎えつつあるゲーム市場で、主要なゲームメーカーは何を見据えているのか。その戦略と今後の展望を探るべく、業界のキーマンを直撃した。

(取材:中村 均、渡辺 一正、秦 和俊)

スクウェア・エニックス
今少し続くゲーム産業の“産みの苦しみ”、復活のカギは「グローバル戦略」と「オンライン戦略」
代表取締役社長
和田 洋一
レベルファイブ
今年は『ニノ国』『ダンボール戦機』が目玉
“業界の中心的存在”を目指すレベルファイブ
代表取締役社長
日野 晃博
コーエーテクモゲームス
パッケージとオンラインの両輪に注力
V字回復を目指すコーエーテクモゲームス
代表取締役社長
松原 健二
マイクロソフト
2010年をXbox史上最大の年にできるか!? “ナタル”と“ハイエンド”で勝負をかけるマイクロソフト
執行役 常務
ホーム&エンターテイメント事業本部長
泉水 敬
セガ
2年前から不況を乗り切る態勢作りに着手
営業利益を黒字化させ、ネット時代に備える
常務取締役
CS事業部長
鶴見 尚也
カプコン
今年はソーシャルゲームでも結果を出す
ネットワークBtoCを本格展開するカプコン
代表取締役社長
辻本 春弘
コナミデジタルエンタテインメント
新ハードにもチャレンジ! 『メタルギア』から
『ラブプラス』まで多彩に展開するKONAMI
代表取締役社長
田中 富美明
バンダイナムコゲームス
無料ゲームのプラットフォーム構築も視野に!
ゲーム軸に映像・音楽事業を再生するバンダイナムコ
代表取締役副社長
鵜之澤 伸

TOKYO GAME SHOW 公式サイト CEDEC 公式サイト