年会費無料のTo Me CARDが無難?

 これまで紹介したカードの中からベストなものを選んでいきたい。まず、東京メトロ、東急、京成の沿線に住んでいるのなら、ここで紹介したそれぞれの鉄道会社のクレジットカードで問題はない。獲得したポイントをPASMOに集約しやすい上に、定期券の購入や駅構内・近辺の店舗では、一般店舗やオートチャージよりもたくさんポイントを獲得できるからだ。そのほかの沿線の人も、PASMOへの集約という点では不利だが、まずは自分の沿線のクレジットカードの詳細を確認してほしい。“普段使っているお店”で意外にポイントが貯められることが多いはずだ。

 特に沿線の鉄道会社にこだわらないのであれば、選択肢は2つ。

 まず、通常はJALマイルを貯めたい場合は「JALカード TOP&ClubQ」。ただし、最小交換単位がPASMO1万円相当である点と、年会費が2100円とやや高い点は覚えておきたい。一般店舗とオートチャージの還元率にこだわるなら、年会費に加えて別途2100円を支払って還元率をオートチャージ、一般店舗ともに1%に引き上げたい。この場合は、年会費などが4200円になるので、カードの利用金額がそれなりに多い人でないと、赤字になるケースも出てくる。

 もう一つは年会費が無料な「To Me Card」の一般カード。特に都内に通勤していれば、定期券の経路以外で東京メトロをよく使うはずなので、それでメトロポイントが貯まるのはうれしいところ。

PASMOは独自ポイントサービスを持たない

 クレジットカードが決まったら、【基礎編】第三ステップ「電子マネーのポイントを電子マネーに交換」を考える。ところが、PASMOは、SuicaやWAONのように電子マネー利用による統一的なポイントサービスはない。

 最後に【基礎編】第四ステップ「手持ちの量販店やドラッグストアなどのポイントのうち、電子マネーに移行できるものがないかを確認」を見ていきたいのだが、これもPASMOの統一的なポイントサービスが存在しないため、「To Me CARD」であればメトロポイント、東急カードであればTOKYUポイント、京成カードであれば京成グループポイントがどういったポイントと提携しているかを調べることになる。例えばメトロポイントと京成グループポイントは、ANAのマイルから交換できる。JALのマイルは前述したようにTOKYUポイントに交換可能だ。

 PASMOはSuicaと比較して、オートチャージでポイントが付与されるクレジットカードの種類が少ない。また還元率も0.5%程度と平凡なものがほとんど。その一方で、駅構内や近隣の店舗でのポイント付与率は高い。PASMOで得するためには、1度自分が利用している鉄道会社のクレジットカードのWebサイトやパンフレットをしっかりと読んで、どこでどの程度のポイントが獲得できるか、自分の生活に照らし合わせて確認することが大切だ。

(文/小川 たまか=プレスラボ、渡貫 幹彦=日経トレンディネット)