トヨタの新型ハイブリッドセダン「SAI」(画像クリックで拡大)

 トヨタ自動車は2009年12月7日、新型車「SAI(サイ)」を発売した。「プリウス」、レクサス「HS250h」に続く第3のハイブリッド専用車で、ボディー形状は4ドアセダン、車両本体価格は338万~426万円だ。09年7月発売のHS250hとは、クルマの基本骨格であるプラットホームや、パワーユニットを共有する兄弟車になる。

 車名のSAIは、優れた環境・安全性能を有する才能の「才」と、上質感を演出する彩りの「彩」という2つの開発キーワードに由来するもの。パワーユニットは、2.4Lエンジンと電気モーター、リダクション機構付き「THS II(トヨタ・ハイブリッド・システムII)」の組み合わせ。10-15モード燃費は23km/Lで、トヨタ「ヴィッツ」1Lエンジン搭載モデル(FF CVT車)の22.5km/Lを上回る好燃費だ。

SAIは09年7月発売のレクサスHS250hと兄弟車。ボディーサイズはSAIの方が若干小さい(画像クリックで拡大)

レクサスHS250h。フロントとリアのデザインはかなり異なる(画像クリックで拡大)

 トヨタのプレミアムブランド「レクサス」で販売されるHS250hは、もちろん高級セダンという位置付けだが、SAIの開発コンセプトも「小さな高級車」だ。では、この2モデルは何が違うのだろうか。それは、HS250hが北米や欧州でも販売するグローバルカーなのに対して、SAIは国内専用車という、マーケットの違いが根本にある。

 例えば、SAIのボディーサイズは全長4605×全幅1770×全高1495mmと、5ナンバー枠を少しだけ超えた大きさで、HS250hの4700×1785×1505mmよりも若干小さい。日本の道路状況に合わせて取り回しを良くするために、長さを95mm短くしている。タイヤサイズも、ステアリング切れ角を増やすために一回り小径化した。標準の16インチタイヤ装着モデルの場合、最小回転半径はHS250hの5.6mに対して、SAIは5.2mと小さく小回りが利く。

メッキ仕上げのフロントグリル中央に、ハイブリッド車を示す青いトヨタエンブレムを配置。リアコンビネーションランプはクリアレンズ仕上げ(画像クリックで拡大)

ヘッドライトのロービーム(内側)は上位グレード「G」が片側2灯のLED方式(左)、下位の「S」は片側1灯のディスチャージ方式(右)(画像クリックで拡大)

フロントにエンジンとモーターや電力制御回路、リアにニッケル水素バッテリーを搭載する(画像クリックで拡大)