今、テレビや雑誌、新聞で話題の人「仏像ガール」をご存知だろうか? ポップで元気あふれる29歳の“仏像ナビゲーター”だ。その仏像ガールを囲み、幼い頃から仏像に魅せられてきたという彼女の担当編集者(35歳)と、楽園写真家として知られる三好和義氏の仏像写真集を手がけた編集者(33歳)が、「仏像にはまる人々が増えている理由」について大激論。仏像に心酔する人々の“生の声”を紹介し、現在のブームの真相を探る。

仏像ガール
仏像ナビゲーター。中学生のときの父親の死をきっかけに、仏像に出会う。上智大学比較文化学部日本文化学科で仏教美術を学ぶ。ウェブ・プロデューサーとして活躍後、07年5月から「仏像ガール」として活動を始める。08年10月には初の書籍『感じる・調べる・もっと近づく仏像の本』(山と溪谷社、1680円)を出版。
http://www.buddha-girl.com/(画像クリックで拡大)


http://www.yamakei.co.jp/products/detail.php?id=390100(画像クリックで拡大)

武藤郁子
編集者。山と渓谷社自然図書出版部所属。仏像ガールの書籍『感じる・調べる・もっと近づく仏像の本』を編集。幼い頃から仏像好きで、一般に仏像の魅力を伝える仏像ガールのような人物の登場を「待っていた」。
http://www.yamakei.co.jp/products/detail.php?id=390100(画像クリックで拡大)

安藤夏樹
編集者。日経BP企画・企画出版グループ所属。ムック『美仏巡礼』を手がけた後、楽園写真家・三好和義氏による『日経おとなのOFF』の誌上連載「仏像 こころの楽園」をまとめた仏像写真集『極楽園』(1万5000円、限定2000部)を編集。(画像クリックで拡大)


http://trendy.nikkeibp.co.jp/off/mook/goku/(画像クリックで拡大)