今世紀に入ってから、CDパッケージの売り上げが伸び悩み、音楽業界全体が沈滞ムードと言われて久しい。なかでも、メインユーザーの邦楽指向などの理由から、洋楽は苦戦を強いられている。

 そんな逆風のなか、外資系レコード会社ユニバーサル ミュージックは、2009年元旦に洋楽内に邦楽レーベル「デリシャス・デリ・レコーズ」を立ち上げた。洋楽レーベルから日本人アーティストをリリースすることは、ジャズやクラシックなどでは珍しくないが、こちらが手がけるのはいわゆるJ-POPだ。

 なぜ今、洋楽レーベルからJ-POPを海外へ発信するのか? その経緯や真意を、洋楽セクショントップの加藤公隆氏に聞いた。

加藤公隆(かとう きみたか)

ユニバーサル ミュージック株式会社
ユニバーサル インターナショナル・マネージング・ディレクター。
1972年生まれ。三和銀行を経て、1998年、ポリドール株式会社 (現 ユニバーサル ミュージック株式会社)入社。営業、洋楽宣伝・編成などを担当後、2005年、ユニバーサル インターナショナル 第1マーケティンググループ チーフ・マーケティング・マネージャーに就任。2007年1月より現職。
(画像クリックで拡大)