【アプリリアMana850】コーナー立ち上がりが楽しいトルクフルなエンジン

リヤサスペンションは伸び側の減衰力とプリロードが調整できる(画像クリックで拡大)

 そこで考えを改め、腰をストッパーに押しつけるように後ろに下げ、バイクなりに走らせるようにしてみた。するとバイクがものすごくラクに動いてくれる。体にフィットするというか、軽く動いてくれるのだ。ATうんぬんよりも、ツインのトルクと車体のバランスの良さを感じる。リアを少し振り出すような感じで、コーナーを軽快に抜けていく。攻めていくスポーツではなく、余裕を持ったスポーツライディングこそが適している。

 コーナーの立ち上がりは楽しい。トルクに乗せた豪快な加速が味わえる。そしてATのためシフトアップも不要。まるでトルクの乗る3速が永遠に続くかのようだ。Vツインといっても神経質さはまったくない。

 少々気になったのは、リアブレーキの効きがいま一つだったこと。ATで元気に走る場合、トラクションをコントロールするリアブレーキはとても重要なもの。パッドを変えるなどして、コントロール性を上げたいところ。ちなみにフロントブレーキは制動力、コントロール性とも非常にいい。

Uターン、その1。ほぼフルロックで旋回している(画像クリックで拡大)

Uターン、その2。ポジションがラクなこともあり、Uターンは得意(画像クリックで拡大)

Uターン、その3。レインモードでは、さらにUターンがラクになる(画像クリックで拡大)