【アプリリアMana850】使い勝手が良いトランク、ヘルメットも収納できる

(画像クリックで拡大)

 実用面については、必須装備ともいえるヘルメットホルダーがない。その代わり、通常ならガソリンタンクがある部分が、フルフェイスヘルメットも収まる大きなトランクになっている。このトランクはエンジンを掛けたままでも開閉できるなど、とても使い勝手がいい。後席への荷物の積載性も良好で、グラブバーのほかにフックを掛けるピンが用意されているため、荷物を安定して固定できる。

 また、メーター右下の表示パネルには、ATのモード表示のほか、複数のトリップメーターやラップタイマーなども表示できる。これは左グリップ基部の大きなボタンで操作するのだが、ウインカースイッチと何度か間違えてしまった。そのほか左グリップには、シーケンシャルモードのボタンや、トランクオープナーまで付いていて、ちょっと詰め込みすぎの感がある。

 今回、トータルで270kmほど走行し、平均燃費は約16.4km/Lだった。タンク容量は16Lなので、計算では満タンで260km以上走行できることになる。今回はワインディング走行が多かったので、実際にはもう少し伸びるはずだ。

テールランプ下にあるキーホールがリヤシートのロック(画像クリックで拡大)

リヤシートを開けると給油口が現れる。ここからもトランクが開けられる(画像クリックで拡大)

フルフェイスヘルメットが収まるトランク。携帯電話ホルダーや、電源ソケットも装備する(画像クリックで拡大)

後席への積載。しっかりしたグラブバーなどで荷物の安定性は悪くない(画像クリックで拡大)