【スズキ ジェンマ】ワインディングでも予想以上の走り、ただしバンク角は少ない

(画像クリックで拡大)

 ワインディングも普通に走る。というか、予想以上によく走ってくれる。ポジションが低いために、バンクすると路面がものすごく近い。手を伸ばすと届きそうだ。この感覚はおもしろい。リーンにもクセは感じられないし、切り返しも軽い。ロール軸が低いためか、あまり後ろに乗る必要性を感じなかった。普通のポジションのまま軽快にバンクできる。ただ、運転席まわりが狭い感じは付きまとう。フロント側のシートがもう少し後ろまであるといいのに。

 しかし深くリーンすると若干よじれが感じられた。ウネウネウネっとする。また、サスペンションストローク短いため、ギャップでばたつく傾向がある。それとバンク角は非常に少ない。メインスタンドの接地はわかるのだが、それより前にステップボードの裏側のボディーが擦ってしまう。

 プラスチックのためか接地感がほとんどないため、よく走ってくれることに甘えて飛ばしていると、いつの間にかガリガリということになりかねない。スポーツバイクではないのだから、ムキになって飛ばすべきではないだろう。

左右非対称のヘッドライトなど、なんとも特徴的なフロントのスタイル(画像クリックで拡大)

フロントフェンダーはブラケット側に固定されるため、タイヤとの隙間は多め(画像クリックで拡大)

マフラー手前の切り欠き部分は、オイル交換の際、給油しやすくするため(画像クリックで拡大)