【スズキ ジェンマ】ごく普通でクセがない操縦性、乗り心地も良好

(画像クリックで拡大)

 エンジンはとても静かだ。単気筒らしい軽快な音で、気持ちいい。エンジンを回しても振動はとても少ない。

 ロングホイールベースだから操縦性が独特なのでは? と少しばかり気構えして走り出したのだが、あまりに普通で拍子抜けした。クセなどはまったくない。ゼロ発進こそ鋭くはないが、20~80km/hはトロロロローという音とともに軽快にスピードを乗せていく。なかなか力強く、当たり前のように流れをリードできる。中低速中心にエンジンをチューンしたのだろう。

 乗り心地も悪くない。サスペンションストロークが短いために大きなギャップではショックが強く出るが、通常の路面ならフラットに走っていく。ホイールベースの長さもあって、前後のピッチングも少ない。またギャップを越える際、前→後と順にショックが来る。ちょっとおもしろい。

 重心が低いために、ブレーキングも安心だ。小径ホイールのスクーターでは、強くブレーキをかけるとライダーが前に放り出されるように感じることもある。しかしジェンマはそうはならず、正しく前輪で制動を受け止めてくれる。

 ただ、フロントブレーキのタッチはいまひとつで、鉄で鉄を擦っているようなフィーリングだった。パッドをちょっと良いものに交換したいところだ。リアブレーキはいい感じで、コントロール性も含め、必要にして十分な性能だ。

ライディングポジション。これはシート下にまっすぐ足を置いているが、かなり窮屈。やはり前方に出すべきだろう(画像クリックで拡大)

低い車高で足付きは万全。左右に開いてもまだ余裕がある(画像クリックで拡大)