【スズキ ジェンマ】低く前後に伸びたユニークなスタイリング

(画像クリックで拡大)

 最後に紹介するのが、スズキの「ジェンマ」だ。今回取り上げた4台の中で、このジェンマだけ250ccであり、他とはずいぶんクラスが異なる。最初は「スカイウェイブ650」を取り上げようかとも考えたが、2002年5月発売と、登場からかなり時間が経っている。それよりは、2008年7月に発売されたばかりのジェンマの方がおもしろいのではないかということで、こちらを借り出すことになった。

 ジェンマのスタイルは新鮮だ。低く前後に伸びたスタイルの先例では、ホンダの「フュージョン」(生産終了)や、ヤマハの「マグザム」があるが、そのどちらともジェンマのスタイルは異なる。フロントフェンダーからテールエンドまで柔らかい曲線で包まれている。実にうまくデザインしたものだ。

サイドビューは低いだけでなく、コンパクトに見える(画像クリックで拡大)

シート前のトンネル部が高いため、後ろに足を上げて跨ぐほうがラク。それでも乗りやすい(画像クリックで拡大)