アプリリアMana850&ヤマハTMAX、オートマで“スポーツバイク”は成り立つのか

アプリリア「Mana850」(画像クリックで拡大)

 まず取り上げるのはスポーツ性を重視したモデル、アプリリアの「Mana850」と、ヤマハの「TMAX」だ。ATといえば「ラクだがスポーティーさに欠ける」というイメージがあるが、スポーツバイクとして、どこまで楽しめるのだろうか。

ヤマハ「TMAX」(画像クリックで拡大)

 Mana850はまったく普通のスポーツバイクで、トランスミッションだけがATという構成だ。外観からはほとんどATであることを感じず、クラッチレバーのないのが不思議なほどだ。対してTMAXはひと目でスクーターと分かる外観だが、各部を徹底的に作り込み、スポーツにふさわしいモデルに仕上げている。ヤマハのWebサイトでは、TMAXはスクーターではなく、スポーツバイクに分類されていることを見ても、メーカーの意気込みが分かろうというもの。メーカー希望小売価格はMana850が119万8000円、TMAXが94万5000円だ。

 Mana850が搭載するV型2気筒839.3ccエンジンは、最高出力56kW(76.1PS) /8000rpmを発揮する。車重は230kg(車検証記載重量)と少々重いが、スポーツ性を損なうほどではない。フレームはイタリア車らしく鋼管トラス構造を採用。サスペンションユニットは車体左側に、ほぼ水平に寝かして装着される。

 外観で目を引くのは、エンジン左側のメタリックなカバー。最初はここにAT機構が組み込まれているかと思ったが、ただのエアクリーナーカバーらしい。イタリアの遊び心だろう。そのほか、ハイビームとロービームが上下に分かれた円形のヘッドライトや、斜めにカットされたマフラーなど、日本車では見られないデザインが随所に施されている。

アプリリアの「Mana850」。鋼管をハシゴ状に組み合わせたトラス構造のフレームを採用(画像クリックで拡大)

エンジン左側のシルバーの部分は単なるエアクリーナーカバー(画像クリックで拡大)

Mana850のエンジンイラスト。エンジン幅の狭いVツインはプーリーがかさばるCVTを装備するのに有利だ(画像クリックで拡大)

AT機構のイラスト。V字ベルトとプーリーを組み合わせたごくシンプルな機構であることがわかる(画像クリックで拡大)