【ヤマハTMAX】フルバンクでもあくまで安定、弱点はフィードバックの少なさ

少々わかりづらいが、ステップボードの脇のボディが少し凹んでいるため、足でホールドするのにとても具合がいい(画像クリックで拡大)

 最大バンク角はちょっとしたスポーツバイクと同じレベル。他のスクーターとは比べるまでもない。フルバンクでメインスタンドが接地するが、ぜんぜん恐くない。すばらしく安定している。バンクした状態でもスタビリティは高い。コーナリング中に多少のギャップがあっても、何事もなかったようにいなしてくれる。

 TMAXの走りで不満があるとすれば、やはりフィードバックの少なさ、リニアリティの面だろう。接地感に乏しく、タイヤの状況がわかりづらいという点に尽きる。コーナーを抜けてから、「もっと行けたかな?」の繰り返しだった。結局、どこまで信用してリーンできるか、という話になってしまう。

リヤステップ。ステップボードではなく、バー式のステップになる(画像クリックで拡大)

リヤタイヤ直前に置かれるショックユニット。調整機構はない。メインスタンドを装備する(画像クリックで拡大)