出演者が語る、ヒットの秘密~俳優・川原和久インタビュー~

 2時間サスペンスから、毎年2クールの連続ドラマに成長し、ついに昨年は念願の映画化も実現した「相棒」シリーズ。いつもさりげなく登場して特命チームへの「風当たり」を表現してきたトリオ「ザ・捜一」(捜査一課のメンバー)のリーダーという敵役ながら、ファンには「イタミン」と愛される伊丹刑事こと、川原和久さん。第1作から「相棒」にかかわり続けた役者としての立場から、高視聴率を維持し続けるヒットの要因やこだわりなどを聞いた。

▼プロフィール
川原和久
1961年12月26日生まれ。福岡県北九州市、出身。身長、183センチ。日本大学芸術学部卒業。所属、劇団ショーマ。

『相棒 season 7』は毎週水曜日の午後9時から放送中。3月18日(水)に最終回を迎える(夜8時から2時間スペシャル)。出演者(役名):水谷豊(杉下右京)、岸部一徳(小野田公顕)、益戸育江(宮部たまき)、川原和久(伊丹憲一)、大谷亮介(三浦信輔)、山中 崇史(芹沢慶二)、 山西惇(角田六郎)、六角精児(米沢守)ほか。3月28日には、スピンオフ映画「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」も公開。