図1 ファミコン用の通信アダプタ
 ファミコンの上にあるのが通信アダプタ。ゲーム用のカセットと同じ場所に挿入する。ファミコンの左下にあるのが力一卜リッジである。証券用、競馬用などファミコン通信の用途別に、それぞれのカートリッジを用意した

記事へ戻る(ページを閉じる)

1983年に発売したファミコンの普及台数が、1987年には1200万台近くに達していた。ここまで普及したファミコンに野村証券など証券業界が目を付けた。ファミコンを電話回線につないで、株価など証券情報の提供や株式の売買ができるようにする構想だ。