通信以外の機能も盛り込む

 通信アダプタの開発の中心になったのが情報開発部情報第一課課長代理の沢野貴夫(当時、開発第二部に所属)である。

 沢野がまずやったのは、ファミコン・ソフトでメニュー画面を作ることだった。メニュー画面での情報選択法で多いのは、画面にメニューを表示し、その番号を選ぶ方法である。ただし、キーボードをもたないファミコンには合わないと沢野は考えた。

 そこで、十字キーを押すとメニュー画面がスクロールし、スクロールを止めると欲しい情報が手に入る仕掛けを考えた。野村証券も賛成し、採用となった。

 通信アダプタは、証券情報サービス以外にも展開できるよう、カートリッジを別に用意しアダプタに差し込む構造とした。証券情報サービス用ソフトはカートリッジに記憶させた。通信アダプタには、ネットワーク制御回路や漢字データを記憶したROMなどを搭載した(図2)。

 この通信アダプタには、実際に使用しなかったLSIも搭載している。たとえば、セキュリティ強化のため、公開鍵暗号(暗号をかける鍵を公開し、暗号を解く鍵を非公開とする暗号方式)を処理するチップも搭載してある。

 実際のサービスではパスワードでセキュリティの確保を図ったので、結果からみると不要だった。「当時、パソコン通信がいまほど盛んではなく、家庭とホスト・コンピュータを結ぶアダプタに必要な機能がみえていなかった」(沢野)ためだ。

 プッシュ・トーン信号の発信および受信もできるようにした(図2のネットワーク制御回路で実現)。電話をしながらも、プッシュ信号で信号をやり取りできる仕組みとした。将来、通信アダプタを使ったゲームを開発するときに使えると踏んだからだ。

図2 通信アダプタの回路ブロック図(画像クリックで拡大)