任天堂が家庭用ゲーム機を開発するきっかけは電卓だった。多くのメーカが電卓市場に参入してきたため、製品化を断念する。電卓開発グループは方向転換して、家庭用テレビ・ゲーム機の開発に乗り出す。ちょうどそのとき三菱電機がテレビ・ゲーム専用LSIを開発し、任天堂にゲーム機の製品化をもちかけた。こうして任天堂のテレビ・ゲーム機第一号が誕生した。価格9800円と1万5000円の2機種を商品化し、合計で約100万台を販売した。これがやがてファミコンへとつながる。

 「ファミリーコンピュータ(ファミコン)」を世に送り出す前に、任天堂は2種類の家庭用ゲーム機を発売している。一つは1977年から1979年にかけて発売した専用LSI搭載型ゲーム機(図1)。もう一つは任天堂は1980年に登場した携帯型ゲーム機「ゲーム&ウォッチ」である(図2)。この2種の製品を手がけた経験がファミコンを生む原動力になった。

 今回は、任天堂の初めての家庭用ゲーム機となった専用LSI搭載機の開発に焦点をあてる。専用LSI搭載ゲーム機は、カウンタなどの論理回路を集積した専用 LSIを使ったゲーム機である。

 こういう時代を経て、次の世代ではマイクロプロセサ搭載ゲーム機が登場する。

図1 ファミコン前にゲーム機を手掛ける
 写真左は任天堂が1977年から1979年にかけて発売した専用LSI搭載ゲーム機の第一弾「カラーテレビゲーム 6」。写真右は「カラーテレビゲーム 15」(画像クリックで拡大)

図2 1980年に発売した携帯型ゲーム機
 製品名は「ゲーム&ウォツチ」4000万台以上を出荷した。発売当初の価格は5800円(画像クリックで拡大)