モデルが着た服がその場で買える!
メディア一体型の豪華絢爛フェスタ

 今回は、9月6日に国立代々木競技場第一体育館で開催された、第7回「東京ガールズコレクション」(以下、TGC)をレポート。

当日の国立代々木競技場第一体育館の外の様子

当日の国立代々木競技場第一体育館の中の様子

 2005年にスタートした「TGC」は今回が7回目。毎年2回、春夏と秋冬のシーズンに行われ、主に代々木第一体育館を会場に行われている。女性向け携帯サイト「girlswalker.com」やWEBサイト「fashionwalker.com」を運営するゼイヴェル主催の史上最大級のファッションフェスタ。「日本のリアルクローズ(=普段着)」を世界に向けて発信することを目的とし、2006年7月にはパリ、2007、08年3月には北京でもファッションショーを開催している。

 毎回約20もの有名ブランドによるコーディネートが披露される規模の大きさも特徴だが、驚かされるのは、発表されたコーディネートのアイテムを即時にWEBや携帯サイトで公開し、観客がその場でオンラインショッピングできる点。「TGC」のメールマガジンに登録しておくと、ショーで発表された衣装の情報が、リアルタイムでメルマガとして送られてくるのだ。

「TGC」のメールマガジンに登録しておくと、ショーで発表された衣装の情報が、すぐにメルマガで送られてくる
(c)TOKYO GIRLS COLLECTION by girlswalker.com 2007 AUTUMN/WINTER

 オンラインショッピングなどによる売上げは24時間で3000万円以上。これだけでも、高い訴求力を持つイベントだということが分かるだろう。