いよいよショーが開演。ショーの先陣を切ったのは、このモデル!!

 会場の照明が落ち、ステージの巨大モニターにオープニング映像が流れたら、ショー開始の合図。洋楽のBGMとともに、モデルがステージの裾から姿を現す。トップバッターは、最近、テレビでもよく見かける「JJ」専属モデルの加藤夏希。ランウェイに登場すると会場は歓声に包まれた。

ショーのスタートを飾ったのは、加藤夏希(画像クリックで拡大)

 その後は「JJ」モデルをはじめ、吉川ひなのやマリエなどのゲストモデルを織り交ぜ、ショーは進行。ときおり、佐藤健(たける)やリア・ディゾンなどスペシャルゲストが登場し、そのたびに会場がわく。

モデルとしてのキャリアは15年を数える吉川ひなの。その経歴にふさわしく、堂々とした歩きだ(画像クリックで拡大)

セレドル(セレブアイドル)として活躍中のマリエも、実は「ViVi(ヴィヴィ)」(講談社)専属モデル(画像クリックで拡大)

リア・ディゾンは東京公演のみの出演だが、「神戸コレクション」は2回目の出演となる(画像クリックで拡大)

2度映画化された特撮テレビドラマ「仮面ライダー電王」で主人公を演じた若手俳優、佐藤健(たける)。ドラマ「ROOKIES」で人気を集めただけに会場は黄色い悲鳴に包まれた(画像クリックで拡大)

性同一障害を抱え、女性に生まれ変わったことで話題の椿姫彩菜も、ほかのモデルに負けず、しっかりと大役をこなした(画像クリックで拡大)

竹下登元首相の孫として、最近メディアでよく見かけるDAIGOもゲストで登場。おなじみのポーズを披露し、会場を湧かせた(画像クリックで拡大)

 ショーの折り返し地点になると、加藤ミリヤやCapsuleなどのアーティストによるライブなども催された。長丁場のイベントのため、観客を飽きさせない工夫も施されている。

10代を中心に人気を集めるシンガーソングライター加藤ミリヤが、ライブパフォーマンスで熱唱(画像クリックで拡大)

女性芸人、渡辺直美は、もちろん和製ビヨンセでパフォーマンス。当日一番の笑いを誘った(画像クリックで拡大)

 またスペシャルステージと称し、ファッションブランドにグリコや西武百貨店、タイガー魔法瓶などのスポンサーが付いたショーも合間に行われた。ここでは最新ファッションに身を包んだモデルが、スポンサーの商品を持ってランウェイに登場。商品PRも兼ねたステージになっている。

ファッションブランドにタイガー魔法瓶やゴルフのCALLAWAY(キャラウェイ)などのスポンサーが付いたショーも行われた(画像クリックで拡大)