各コレクションの演出や見どころもさまざま

  神戸コレクション TGC
会場の様子 サンプリングブースの充実。また協賛ブースにモデルがゲスト登場するので、モデルと身近に触れ合える機会がある 司会に著名な芸人とアイドルを起用し、テレビ的な演出。またBGMの響かせ方、レーザー光線の使い方はクラブっぽい雰囲気

 また「TGC」は、ショーの進行を務めるMC役に芸人と女性タレントを起用したり、映画の撮影を行ったりする。テレビドラマの宣伝を兼ね、出演女優がサプライズ登場するなど、テレビ番組のような演出を意識している。雰囲気もクラブ感覚の派手なノリで、若い女性を惹きつける要因になっている。

「TGC」はMC役に芸人と女性タレントを起用

映画『ハンサム★スーツ』の撮影を行うなどメディアミックスを意識している

 一方、「神戸コレクション」はステージ以外の場を充実させている。会場にはブースが設置され、商品サンプルを配布するだけでなく、美容院ブースなどを設置。一流の美容師が観客にヘアメイクを無料で施す。また協賛ブースに「JJ」モデルがゲスト登場するので、モデルと身近に触れ合える機会も多い。

美容院ブースでは一流の美容師が観客にヘアメイクを無料で施す(画像クリックで拡大)

神戸コレクションでは、「JJ」モデルがゲスト登場するブースもある(画像クリックで拡大)

 モデルが歩く、ランウェイと呼ばれるステージも、アパレル関係者向けのファッションショーとは違い、30メートルほどと長く、先端部分に十字ステージが組まれている。アイドルのコンサートのようなセットだ。「TGC」は登場モデルが多いせいか、「神戸コレクション」よりも大きめだった。

「神戸コレクション」のランウェイ(画像クリックで拡大)

「TGC」のランウェイは、神戸コレクションよりも長めだった