どんどん成長し続けてきた即席麺市場。その中で大きく伸びたのが、ラーメンと焼そばだった。だが、そば・うどんという和風麺も、負けず劣らず進化を見せた。その歴史を振り返ってみよう。

 大手メーカーの商品としては、まず1963年に登場した東洋水産の「たぬきそば」が挙げられる。ラーメンと違い、和風麺は、それ以前から乾麺もあり家庭で調理する機会はあったが、インスタントラーメンが消費者に新鮮で強烈なインパクトを与えていた当時、「インスタントそば」は、やはり画期的な商品として受け入れられた。1964年には日清食品の「日清田舎そば」、明星食品の「日本そば」が、翌1965年には東洋水産の「カレーうどん」が、さらに1966年には東洋水産の「ざるそば」と「かけそば」、1967年には明星食品の「深大寺そば」「東京茶そば」、東洋水産の「かけうどん」「きしめん」が登場している。1970年には東洋水産が「天ぷらそば」を発売。これらはすべて袋入りの即席麺だった。

東洋水産の「たぬきそば」(画像クリックで拡大)