調理法に変化をもたらしたタンメンブーム

 1964年8月には、サンヨー食品が売り出した「長崎タンメン」が一大タンメンブームを起こした。あまりの売れ行きに、追随してタンメンを売り出すメーカーが相次いだほどだ。このタンメンブームは、インスタントラーメンの調理法に一つの変化をもたらした。それは、タンメンならではの、具材、特に野菜をたっぷり入れて食べる食べ方だった。各メーカーはそれまでも、消費者にいろいろな具材を入れて食べてもらおうと、製品パッケージの裏のレシピに具材を入れて調理する方法を案内してはいた。だが、それは必ずしも浸透してはいなかった。「長崎タンメン」は、野菜などを一緒に調理するスタイルを定着させるインスタントラーメンとなったのだ。サンヨー食品は、野菜を入れて食べるインスタントラーメンという商品展開に力を入れているメーカーだが、その歴史はこの「長崎タンメン」にまで遡れるのだ。

サンヨー食品「長崎タンメン」(画像クリックで拡大)

 1965年、エースコックのワンタンメン、サンヨー食品の長崎タンメンの人気がさらに加速。淡泊な味が支持された時代だった。そんな流れのなか、濃い味のインスタントラーメンも登場する。東洋水産の「マルちゃんしょう油味・みそ味」が発売されたのだ。そして1966年9月、明星食品からも、しょうゆ味ラーメンが登場。「明星チャルメラ」だ。チャルメラおじさんと屋台のイラストが郷愁を誘い、人気の定番商品となった。同時期、やがて定番商品となるラーメンがサンヨー食品からも登場した。「サッポロ一番しょう油味」だ。そして東洋水産は、「マルちゃんしょう油味・みそ味」に続き、66年、油で揚げないノンフライ麺の「マルちゃん中華そば」を発売している。ノンフライ製法は、後々のインスタントラーメンに影響を与えることになる製法だ。さらに東洋水産は、この年、夏の戦略商品として「マルちゃん冷やしラーメン」も販売している。

「明星チャルメラ」85g。1966年(昭和41年)9月発売。30円(画像クリックで拡大)

こちらは1978年(昭和53年)1月発売の「新味チャルメラ」(画像クリックで拡大)

こちらは2004年(平成16年)11月1日発売の「チャルメラしょうゆラーメン」。この年から、小鍋でゆでやすい丸形から四角に、商品の形状が変更した。理由は、四角の方がほぐれやすいことと、丸形では店頭で立ちにくいというものだった(画像クリックで拡大)

サンヨー食品「サッポロ一番しょう油味」。1966年発売時のパッケージ(画像クリックで拡大)

サンヨー食品「サッポロ一番しょう油味」。現行のパッケージ(画像クリックで拡大)

東洋水産「マルちゃん冷やしラーメン」。1966年発売時のパッケージ(画像クリックで拡大)

東洋水産「マルちゃん冷やしラーメン」。現行のパッケージ(画像クリックで拡大)

 1967年1月、エースコックから「ラーメン太郎」が登場。新聞少年の唄のパロディソングを使ったコマーシャルで人気を呼んだ商品だ。同年10月、エースコックから「駅前ラーメン」が登場。この頃には、タンメンの淡泊な味から、しょう油の濃い味へとトレンドは完全にシフトしている。

エースコック「ラーメン太郎」(画像クリックで拡大)