味のバリエーションも豊富になる

 2007年。味の素から「クノールスープ春雨-緑豆100%-」、日清から縦型カップの「スパイスキッチン」シリーズ、「日清野菜はるさめスープ」「日清野菜フォースープ」、エースコックの“はるさめヌードルシリーズ”から「スパイシーカレー」「五目野菜ワンタン」等、明星からは「ワンタン春雨わかめ」。東洋水産からは、平麺の春雨“フェンピー”を用いた「フェンピーたまごスープ」などが登場した。

エースコック“はるさめヌードル”シリーズの「五目野菜ワンタン」(画像クリックで拡大)

日清野菜はるさめスープ(画像クリックで拡大)

日清食品「スパイスキッチン グリーンカレー フォースープ」(画像クリックで拡大)

 こうして見ると、「はるさめ」商品は、ただヘルシーであるだけでなく、味のバリエーションも多様化して、消費者の満足度を高めていったことが分かる。その流れは、2008年に新たな局面を迎える。エースコックが、“春雨ヌードル”シリーズに「胡麻ねぎ豚骨」「熟成ルゥカレー」などを投入、男性がその商品一つで満足できるボリュームがあり、かつ医師学会でメタボ研究プログラムに採用されるような、メタボ対策にも対応する商品を投入したのだ。

エースコック“はるさめヌードル”シリーズの「胡麻ねぎ豚骨」(画像クリックで拡大)

エースコック“はるさめヌードル”シリーズの「熟成ルゥカレー」(画像クリックで拡大)

 一方、明星食品は、新たに“中華三昧Beauty”“ダイニングBeauty”と銘打った女性向けのシリーズを開発。「スープ春雨酸辣湯」「五穀の参鶏湯 春雨」の2商品を発売した。こちらは「おしゃれでヘルシーなカップ春雨」路線ということだ。

明星食品「五穀の参鶏湯 春雨」(画像クリックで拡大)

 「簡単に食べたい」「より本物に近い味を食べたい」「たっぷり食べたい」「ちょっとだけ食べたい」「食べたいけど太りたくない」。本特集を、ここまでお読みいただければお分かりのように、さまざまなインスタント麺が、消費者のさまざまなニーズを満たす形で登場して来た。そして、その商品化を可能にしたのは研究者たちの飽くなき挑戦と、新技術の開発だった。今でも、さまざまな新技術で新しいインスタント麺が開発され続けている。

 業界のリーディングカンパニーである日清食品は現在、様々なレンジ調理できる商品を発売している。例えば、「レンジどん兵衛」「日清レンジSpa王」シリーズ、「日清焼そばU.F.O. NEXT GENERATION ミックス焼そば」などの定番ブランドのレンジ調理品はもちろん、2007年にはお湯の要らないレンジ調理のボックス型カップめん「日清chin」シリーズを発売するなど、電子レンジでのインスタント麺調理にも大きな可能性が秘められている。また日清食品の洗ってなんども使えるカップで食べるリフィル(詰め替え)シリーズ、これも電子レンジ調理対応のガラスカップが登場し、水から電子レンジで調理できるようになった。

「レンジどん兵衛天ぷらうどん」(画像クリックで拡大)

電子レンジ専用の「U.F.O NEXT GENERATION」(画像クリックで拡大)

日清レンジSpa王(画像クリックで拡大)

電子レンジ専用の「chin屋台風ソース焼そば」(画像クリックで拡大)

(画像クリックで拡大)

 このように、より簡単に、より本物に近く、よりヘルシーなインスタント麺が、レンジ調理という手法で生み出されているのだ。一方で、インスタントラーメン独特の懐かしい味が、我々を引き付けて止まないのもまた事実だ。未来の新商品を想像しつつ、お気に入りの昔ながらの味をすするというのも悪くないかもしれない。

(文/折野冬葱)