人気の高倍率ズームデジカメのベストバイを、7名のカメラマンがズバリ選ぶ!

1台で幅広い用途に使える高倍率ズームデジカメは、旅行や運動会などのイベントで便利に活躍してくれる。デジタル一眼レフよりも軽く、一般的なコンパクトデジカメと同じ操作性なので、女性にもお薦めできる(画像クリックで拡大)

 次に取り上げるのは、人気の高倍率ズームデジカメだ。主流のコンパクトデジカメは3~4倍前後のズーム倍率なのに対し、このジャンルの製品は7~20倍もの高いズーム倍率を誇るのが特徴。ワイドに撮りたい室内や風景撮影から、遠くにいる子どもや動物をアップで撮る用途まで、1台でこなせるのが魅力だ。

 ズーム倍率は、10~12倍前後が主流になっている。しかし、7倍ズームのモデルでも、望遠側いっぱいまでズームすれば200mm以上になるので、本格的な望遠撮影も可能。

 近ごろでは、18倍や20倍といった高倍率のズームレンズを搭載する機種が続々と登場し、500mmを超える超望遠撮影が手のひらサイズのデジカメで行えるようになった。500mmもの望遠撮影をデジタル一眼レフカメラで行おうとすると、とても高価で重たいレンズが必要になるのに対し、高倍率ズームデジカメならば比べものにならないほど手軽に行える。

 ズームの高倍率化だけでなく、最近では広角側のワイド化も図られており、広角端が28mm前後から始まる機種が増えてきた。このような機種では、室内や風景の撮影がさらに便利になるだろう。

 また、これまで高倍率ズームデジカメといえば、一眼レフカメラのようにレンズが大きく出っ張ったデザインがほとんどで、ふだんから気軽に持ち運べるものではなかった。また、メカに明るくない女性を中心に「難しそう」と敬遠される要因となっていた。しかし、レンズユニットの工夫により、本体を一般的なコンパクトモデル並みに薄型・軽量化したモデルが現れ、選択肢の幅が広がったのも見逃せない。

ノミネートした高倍率ズームデジカメ

 今回のランキングの候補としたのは、レンズのズーム倍率が7倍以上のコンパクトモデルで、以下の18台となる(各機種の画像をクリックすると詳細なレビュー記事、もしくはメーカーのWebサイトへジャンプします)。

オリンパスイメージング
CAMEDIA
SP-570UZ
オリンパスイメージング
μ1020
カシオ計算機
EXILIM PRO
EX-F1
カシオ計算機
EXILIM Hi-ZOOM
EX-V8
実売価格:4万8800円 実売価格:2万9800円 実売価格:11万円 実売価格:2万4800円
キヤノン
PowerShot
S5 IS
キヤノン
PowerShot
SX100 IS
キヤノン
PowerShot TX1
ソニー
Cyber-shot
DSC-H7
実売価格:3万5800円 実売価格:2万8000円 実売価格:2万6000円 実売価格:3万4800円
ソニー
Cyber-shot
DSC-H10
ソニー
Cyber-shot
DSC-H50
ニコン
COOLPIX P80
富士フイルム
FinePix S100FS
実売価格:3万2800円 実売価格:4万2800円 実売価格:4万3800円 実売価格:7万6800円
富士フイルム
FinePix S8100fd
ペンタックス
Optio Z10
パナソニック
LUMIX
DMC-FZ18
パナソニック
LUMIX DMC-FZ50
実売価格:3万9800円 実売価格:2万4800円 実売価格:3万6800円 実売価格:4万9800円
パナソニック
LUMIX DMC-TZ5
リコー
R8
実売価格:2万9800円 実売価格:3万6800円

 次ページからは、いよいよ7名のカメラマンによる「現在おすすめの低価格デジタル一眼レフカメラベスト10」を発表していくことにしよう。