1575円とは思えない六角形軸の握りやすさ

カランダッシュ
Frosty
1575円

カランダッシュ「Frosty(フロスティー)」1575円(画像クリックで拡大)

ペン先の金属パーツが重くなっていて、自然と重心が下に来る設計。芯の留めもしっかりしていてブレにくい(画像クリックで拡大)

 六角形の軸の持ち易さと美しさを発見したカランダッシュ。そのカランダッシュのボールペン「フロスティー」は、1575円とは思えないほど軸が握りやすい。少しだけ太めの軸は、やや傾斜しており、その角度が指先にフィットして、長時間の筆記でも疲れにくい。カランダッシュがオフィス用に開発したボールペンだけに、そのあたり、抜かりがない。ペン先の金属パーツが重くなっていて、持つと、自然にペンが立つように傾き、持ち易い重心バランスになる。さすがだ。

 カラフルなカラーバリエーションがそろっているけれど、どれも、マット加工が施されていて、程よく滑り止めが効いている。どれも半透明で、内部のメカニズムが少しだけ見える。そのメカニカルな感じが、仕事用のペンというムードを醸しだす。

 リフィルは、やや粘度が高い油性インク。ほんの少し、ぬるっとした抵抗感を残しつつ、スラスラと滑るように書ける、その書き心地、指先に伝わる感触がとてもよい。

 ペン先は特にブレるわけではないが、ほんの少しの芯の動きがペン先に当たってカチカチと鳴る。気になる人は確認してから購入したほうがよいだろう。

 とはいえ、価格も含めたトータルのパフォーマンスの高さは、かなりのもの。オフィスでフルに使える実力派のボールペンだ。

豊富なカラーバリエーション。どれも軸が半透明のマット仕上げになっているのが特徴(画像クリックで拡大)

書き始めはヌルりとして、あとはスラスラと書ける、書き心地がとてもよい油性のリフィル。価格は525円と、ペン自体の3分の1を占めるが、それだけのことはある(画像クリックで拡大)

書いてみた。柔らかい書き味そのままの、柔らかめの描線になるようだ(画像クリックで拡大)