イトーカンパニー
~映画の製作にも参加!

 宮崎あおいと並んで日本映画好調のきっかけを作った、蒼井優の所属事務所。

 1990年に設立され、ともさかりえを人気女優に育て、現在は松本まりか、すほうれいこ、大村彩子らも所属している。若手には「2008年マザー牧場イメージガール」に選ばれたカエデ藤倉や、2007年イトーカンパニーグループの特別オーディションで選ばれ、早くもテレビCMやPV(プロモーションビデオ)に出演中の桐島里菜などがいる。

 もともとはドラマに強い事務所だったが、蒼井優が映画界から引っ張りだこになってからは映画にも力を入れ、7月に公開される蒼井優の主演映画『百万円と苦虫女』では、製作(出資)にも参加し、自社プロデュースの舞台作品なども手がけている。

 ともさかりえは小学生のころから所属していたし、蒼井優も中学生のときにオーディション雑誌での募集がきっかけで所属となった。10代前半の美少女系女優を発掘して育てるノウハウが、この事務所の強みだ。

蒼井優(あおい ゆう)
1985年生まれ。福岡県出身。2006年公開の映画『フラガール』の演技で数々の映画賞を受賞して、“映画女優”としてのキャリアを確立。2008年夏には久々の主演映画『百万円と苦虫女』が公開される。ヒット映画『グエムル―漢江の怪物―』のポン・ジュノ監督の新作『Shaking Tokyo』も2008年公開予定。テレビドラマでも2008年4月スタートの『おせん』(日本テレビ系)で初主演を果たした(画像クリックで拡大)

カエデ藤倉(かえで ふじくら)
1993年生まれ。神奈川出身。2006年にイトーカンパニーグループの月刊デビューオーディションで1000名以上の中から選ばれ、デビュー。3月にフジテレビ系で放送された『卒おめライブ。~旅立ちに贈る歌』に出演(画像クリックで拡大)

桐島里菜(きりしま りな)
1990年生まれ。東京都出身。2007年イトーカンパニーグループも春の特別オーディションで1000名以上の中から選ばれた。NEXONのテレビCM《メイプルストーリー「転校」「卒業」篇》に出演(画像クリックで拡大)

■関連情報