IE7のセキュリティーレベルを変更する

 Internet Explorer 7では、セキュリティーのために初期状態で「保護モード」が有効になっている。この保護モードのレベルは通常は「中高」に設定されているが、必要に応じて変更できる。また、その内容を細かくカスタマイズすることも可能だ。

 まず、Internet Explorer 7で「ツール」ボタン→「インターネットオプション」を選ぶ。「セキュリティ」タブをクリックして開き、「このゾーンのセキュリティのレベル」のスライダーを動かすとレベルを変更できる。スライダーが表示されない場合は「既定のレベル」ボタンを押す。各レベルの内容をカスタマイズしたい場合は、「レベルのカスタマイズ」ボタンを押して「セキュリティ設定-インターネットゾーン」を表示して、変更したい項目をチェックする。元に戻したい場合は「リセット」ボタンを押す。

保護モードのレベルを変更するには、まずインターネットオプションを表示する。「ツール」ボタン→「インターネットオプション」を選ぶ(画像クリックで拡大)

「インターネットオプション」が表示されたら「セキュリティ」タブをクリックして開く、「このゾーンのセキュリティのレベル」のスライダーを動かすとレベルを変更できる。セキュリティーレベルの内容をカスタマイズする場合は「レベルのカスタマイズ」を押す

「レベルのカスタマイズ」を押すと、「セキュリティ設定-インターネットゾーン」が表示される。変更したい項目にチェックを付け外しして設定する。元に戻したい場合は「リセット」ボタンを押す