Windows Vistaを以前の状態に戻す

 「システムの復元」を使うと、Windows Vistaの状態を「復元ポイント」を作成した時点に戻すことができる。Windows Vistaの動作に何か不具合があった時に利用しよう。復元ポイントを作成した時点より後にインストールしたソフトなどは削除されるが、復元ポイント前にハードディスクに保存した画像ファイルなどは削除されない。

 まず、スタートメニューで「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「システムの復元」を選んで「システムの復元」を起動。「復元ポイント」は定期的に自動作成されるほか、ソフトのインストールなど重大な変更を行う時にも自動作成される。手動で作ることもできる。ちなみに、「システムの復元」を行った時点の復元ポイントも自動作成されるので、一度実行した復元を取り消すことができる。

スタートメニューで「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「システムの復元」を選ぶ

一番近い復元ポイントを使うなら「推奨される復元」(上の赤線)、それ以前の復元ポイントを使うなら「別の復元ポイントを選択する」(下の赤線)にチェックを入れて「次へ」を押す(画像クリックで拡大)

「別の復元ポイントを選択する」を選んだ場合は、復元ポイントを選択する画面が表示されるので、そこから選ぶ(画像クリックで拡大)

あとは復元ポイントを確認して「完了」を押す。復元処理が行われ、自動的に再起動する(画像クリックで拡大)

再起動して復元処理が正常に終わると、このダイアログが表示される

一度実行した復元を取り消したい時は、同様に「システムの復元」を起動。「システムの復元の取り消し」にチェックを入れて実行する。または、「別の復元ポイントを選択する」にチェックを入れて「次へ」を押した際に表示される復元ポイント一覧の中から「取り消し:復元の操作」を選ぶ(画像クリックで拡大)