添付ファイルが開けない場合の対策

 Windowsメールでは、「.exe」「.pif」「.scr」などコンピューターウイルスに感染する恐れのある形式のファイルがメールに添付されていると、そのファイルを開いたり保存したりできないようになっている。なんらかの理由でこれらの添付ファイルを保存したい場合は、「ツール」→「オプション」を開き、「オプション」ダイアログで「セキュリティ」タブをクリックして開く。そして「ウイルスの可能性がある添付ファイルを保存したり開いたりしない」についているチェックを外す。絶対にウイルスではないファイルのみを開くように注意しよう。

Windowsメールで、「ツール」→「オプション」を開く(画像クリックで拡大)

「オプション」が表示されるので「セキュリティ」タブをクリックして、「ウイルスの可能性がある添付ファイルを保存したり開いたりしない」のチェックを外す