タスクマネージャを起動して、フリーズしたソフトを強制終了する

 「Windowsタスクマネージャ」とは、ソフトやサービスの稼動状態を表示したり、ハードウエアやネットワークの状態をチェックしたりできる機能のこと。ソフトがフリーズした場合に強制終了させる時にも使う。この「Windowsタスクマネージャ」を起動するには、[Ctrl]キー、[Shift]キー、[Esc]キーの3つを同時に押す。

[Ctrl]+[Shift]+[Esc]を同時に押すと、「Windowsタスクマネージャ」が起動する。「アプリケーション」タブを開くと起動中のソフトが一覧表示されるので、ここでソフトを選択して「タスクの終了」ボタンを押すと強制終了できる

「Windowsタスクマネージャ」には様々な機能がある。たとえば「パフォーマンス」タブを開くと、CPUの使用率やメモリーの利用状況が分かる