子どもに有害なWebサイトにアクセスさせない

 Windows Vistaには、「保護者による制限」という機能がある。これを利用すると子ども(標準ユーザー)に、Webサイトのフィルタリング(アクセスできるWebサイトを制限すること)をかけたり、パソコン利用時間を制限したり、パソコンでどんなWebサイトを見たのかなどの利用記録をチェックしたりできる。ただし、利用するには、まず自分(保護者)は“コンピュータの管理者”、子どもが“標準ユーザー”として登録されている必要がある。

スタートメニューからコントロールパネルを開き、「ユーザーアカウントと家族のための安全設定」を開く(画像クリックで拡大)

「保護者による制限」を開く(画像クリックで拡大)

子ども(標準ユーザー)のユーザーアカウントをクリックして開く(画像クリックで拡大)

「保護者による制限」で「有効」にチェックを入れる。これで「保護者による制限」機能が有効になるので、あとは制限内容を設定する(画像クリックで拡大)

Webサイトへのアクセスを制限したい場合は「Windows Vista Webフィルタ」を開く(画像クリックで拡大)

まずWebサイトへのアクセスを禁止するか、許可するかを決める。そして制限するレベルと「高」~「なし」の間で設定する。「カスタム」を選ぶと項目別に制限できる。「許可一覧にあるWebサイトのみ許可します」にチェックを入れると、許可と禁止の一覧を編集して、そこに登録したサイトへのアクセスのみを許可できる(画像クリックで拡大)