ユーザーアカウント制御(UAC)をオフにする

 Windows Vistaにはユーザーアカウント制御(UAC)というセキュリティー機能がある。これは、何か重要な設定変更やソフトウエアのインストールなどを行う時に、実行の許可を確認する画面が表示される機能で、手動で許可しないと実行されない。これにより、ウイルスなどが自動実行されるのを防ぐことができる。ただ、ソフトのインストールや設定変更時に、いちいちこの確認画面が表示されるので、煩わしく感じる。そういう場合は、この機能をオフにしよう。

 まず「コントロールパネル」で「ユーザーアカウントと家族のための安全設定」をクリックして開く。表示されるウインドウで「ユーザーアカウント」を選ぶとユーザーアカウントの変更画面が表示されるので、そこで「ユーザーアカウント制御の有効化または無効化」を選ぶ。あとは表示される画面で「ユーザーアカウント制御(UAC)を使ってコンピュータの保護に役立たせる」のチェックを外し、「OK」ボタンを押したら再起動する。

 ただし、ユーザーアカウント制御はセキュリティー機能の一つなので、初心者や中級者が同機能をオフにすることはおすすめしない。複数のソフトをインストールする場合や、設定を変更する時だけ、同機能をオフにして、作業が済んだら、再度オンにしておこう。

重要な設定変更やソフトのインストール時などに表示される「ユーザーアカウント制御」の画面。ソフトのインストールをまとめて行う場合、この確認画面が頻繁に出ると煩わしい。いったんこの機能をオフにしておこう(画像クリックで拡大)

「コントロールパネル」で「ユーザーアカウントと家族のための安全設定」を選ぶ(画像クリックで拡大)

「ユーザーアカウント」を選ぶ(画像クリックで拡大)

ユーザーアカウントの変更画面が表示されるので、一番下にある「ユーザーアカウント制御の有効化または無効化」を選ぶ(画像クリックで拡大)

「ユーザーアカウント制御」の確認画面が表示されるが、「続行」を押す(画像クリックで拡大)

「ユーザーアカウント制御(UAC)を使ってコンピュータの保護に役立たせる」のチェックを外す(画像クリックで拡大)

再起動して完了