Windowsファイアウォールに例外を設定する

 ファイアウォールは、ネットワーク上のデータのやりとりを監視して、許可されていない通信をブロックするセキュリティー機能だ。Windows Vistaにも「Windowsファイアウォール」が付属していて、初期状態で有効になっている。しかしインスタントメッセンジャーやネットワークゲームなどが、このファイアウォールのために通信できなくなってしまうこともある。そうした場合は、それらのソフトを「例外」に設定して、ファイアウォールにブロックされないようにしよう。

 ただしファイアウォールは重要なセキュリティー機能なので、必要な場合にのみ設定するようにしよう。まずコントロールパネルの「セキュリティ」をクリックし、「Windowsファイアウォール」をクリックする。「Windowsファイアウォール」が開くので、そこで「設定の変更」をクリックする。「Windowsファイアウォールの設定」ダイアログが表示されるので「例外」タブをクリックし、例外に設定したいソフトにチェックを入れる。

コントロールパネルの「セキュリティ」をクリックし、「Windowsファイアウォール」をクリックする(画像クリックで拡大)

「Windowsファイアウォール」が開くので、「設定の変更」をクリックする(画像クリックで拡大)

「Windowsファイアウォールの設定」ダイアログで「例外」タブをクリックして開き、例外に設定したいソフトにチェックを入れる