パスワードを忘れたときに困らない方法

 ログオンパスワードが設定してある場合、それを忘れるとログオンできなくなってしまう。もしもパスワードを忘れてしまった場合はパスワードリセットディスクを使うと、ログオン画面でパスワードをリセットしてログオンできる。

 まず「コントロールパネル」の「ユーザーアカウントと家族のための安全設定」を開く。そして「ユーザーアカウント」をクリックして開いたら、ウインドウ左側にある「パスワードリセットディスクの作成」をクリックして「パスワードディスクの作成ウィザードの開始」を起動。パスワードを入力してディスクを作成する。ディスクは、フロッピーディスクでもUSBメモリーやSDメモリーカードなどのフラッシュメモリーを使った外部記憶装置でもいい。

 ログオンパスワードを忘れてしまった場合は、ログオン画面で「パスワードのリセット」をクリックする。すると「パスワードリセットウィザード」が起動するので、その指示に従って新しいパスワードを設定し、それを使ってログオンする。

「コントロールパネル」の「ユーザーアカウントと家族のための安全設定」を開く(画像クリックで拡大)

「ユーザーアカウント」を開く(画像クリックで拡大)

「ユーザーアカウント」が開いたら、ウインドウ左側にある「パスワードリセットディスクの作成」をクリックする(画像クリックで拡大)

「パスワードディスクの作成ウィザード」が起動する

フロッピーディスクかUSBメモリーなどのフラッシュメモリーを取り付けて「次へ」をクリックする

現在のパスワードを入力して「次へ」をクリックする

「完了」をクリックして終了する。パスワードリセットディスクが完成したら、ラベルを付けて大事に保管しておく

パスワードを忘れてしまったら、ログオン画面で「パスワードのリセット」をクリックする(画像クリックで拡大)

「パスワードのリセットウィザード」が起動するので、その指示に従って新しいパスワードを設定し、それを使ってログオンする(画像クリックで拡大)