「システムの復元」を無効にする

 「システムの復元」の「復元ポイント」は自動的に作成される。そのために起動後の動作が一時的に重くなったり、ハードディスクが消費されるのを避けたい場合は、「システムの復元」機能そのものを無効にすることができる。このとき、これまでに作成された復元ポイントはすべて削除される。当然ながら復元してWindowsの状態を元に戻すことはできなくなってしまうので注意が必要だ。「システムの復元」機能を再び有効にすると、復元ポイントは定期的に作成されるようになる。

「コントロールパネル」→「システムとメンテナンス」→「システム」の順にクリックして開く(画像クリックで拡大)

「システム」ウインドウの左側にある「システムの保護」をクリックする(画像クリックで拡大)

「システムのプロパティ」が表示されるので、「システムの保護」タブをクリックして開く。システムの復元の対象になっているドライブにチェックが付いているので、これを外す

確認画面が表示されるので、ここで「システムの復元を無効にする」を押す

ドライブについているチェックが外れ、「システムの復元」機能がオフになる。再び「システムの復元」機能をオンにするには、ドライブにチェックを入れればよい