すべてのファイルとフォルダを表示する

 初期状態のWindows Vistaでは、Windows XPと同じように、Windowsのシステムに関係する重要なファイルなど、一部のファイルとフォルダは表示されないようになっている。これはユーザーが誤ってそれらのファイルやフォルダを操作して、Windowsの挙動がおかしくなってしまうのを防ぐためだ。設定を変えれば、すべてのファイルとフォルダを表示することができる。ただし重要なシステムファイルなどを誤って消去したりしないように注意しよう。

ユーザードキュメントフォルダーを開いたところ。初期状態ではこうなっている(画像クリックで拡大)

「整理」ボタン→「フォルダと検索のオプション」を選ぶ(画像クリックで拡大)

「フォルダオプション」が表示されるので、「表示」タブをクリックして、詳細設定の「すべてのファイルとフォルダを表示する」にチェックを入れる

すると、隠れていたファイルとフォルダが表示されるようになる。「AppData」フォルダや「ntuser.dat.LOG1」ファイルなどが隠れていたファイル(画像クリックで拡大)