大画面テレビが飛ぶように売れている。この冬の大画面テレビは、高精細な「フルHDパネル」搭載がもはや当然。テレビとレコーダーなど一体操作できる“リンク機能”や、デジタル放送を録画できるHDD内蔵テレビのラインアップが増えたるなど、見るテレビから“使えるテレビ”へと変化していることも押さえたいポイントだ。充実した製品群から、ユーザー本意で製品を選べる大画面テレビの本格的な買い時が到来した。
 そして、今最も“旬”と言えるのが、40V型以上の大型テレビ。映画・スポーツなどを存分に楽しめる大画面で、価格も“買いごろ”になってきたこのサイズから、お気に入りの一台を選ぶべきなのだ。

(文/折原一也)

【第1回】
 今“買い”の大画面テレビは40V型以上だ!
 【テレビ製品カタログ】8社21シリーズ

● 40V型以上がイイ理由は?
● 部屋の大きさ別・テレビ購入サイズガイド
● 【テレビ製品カタログ】8社21シリーズ

【第2回】
 最新薄型テレビ、選ぶときにハズせない機能、ハズしていい機能

● 画質のスペックはココに注目!
● HDMI、機器リンクなど気になる機能は?
● 【スタイル別TV選び】あなたにピッタリのテレビはコレ!

【第3回】 New!
 【座談会】予算20万~30万円!「40V型以上」大画面テレビの選び方
  ――折原一也 vs 編集部

● 今なら予算20万~30万円で40V~50V型を狙える!
● 担当3人が振り返る2007年テレビのトレンド
● 予算20万~30万円で選ぶ、私のベストテレビ