マウスホイールを回した時のスクロール速度を変える

 マウスに付いているホイールを回すと、それに応じてウインドウがスクロールする。縦に長いWebページや表計算ソフトのワークシートなどを扱うときに便利な機能だ。ノートパソコンでは、ホイールの代わりにタッチパッドの端を指でなぞることでスクロールできるものが多い。

 このスクロールする速度(一度にスクロールする行数)は変更できるので、自分が使いやすい速度に設定しよう。たとえば解像度の高いディスプレイを使っているのなら、スクロール速度を速くした方が快適に感じやすい。逆に解像度の低いディスプレイで、スクロール速度が速すぎると感じたら遅くしてみよう。

スタートメニューから「コントロールパネル」を開き、「ハードウェアとサウンド」をクリックする(画像クリックで拡大)

「マウス」をクリックする(画像クリックで拡大)

「マウスのプロパティ」が表示されるので、「ホイール」タブをクリックして開き、「垂直スクロール」の数値(一度にスクロールする行数)を変更して「適用」を押す。水平スクロール機能のあるマウスならその数値も調整できる。これはWindows Vista標準の「マウスのプロパティ」画面だが、パソコンメーカーやマウスメーカーによっては「マウスのプロパティ」画面が異なる場合もある