ドライブ文字(ドライブレター)を変更する

 ドライブ文字(ドライブレターとも呼ぶ)とは、「C」ドライブや「D」ドライブといったドライブを区別するためのアルファベットのこと。Windows Vistaパソコンにハードディスク、光学ドライブ、メモリーカードリーダーなどのドライブ装置を取り付けると、このドライブ文字が自動的に付けられて表示される。このドライブ文字は変更できるので、もし分かりにくいものになっていたら変更しておこう。

取り付けたUSBメモリー(リムーバブルディスク)のドライブ文字が「J」になっている。これを「F」に変更したい(画像クリックで拡大)

スタートメニューから「コントロールパネル」を開き、「システムとメンテナンス」をクリックする(画像クリックで拡大)

「管理ツール」をクリックする(画像クリックで拡大)

「管理ツール」が表示されるので、「コンピュータの管理」をダブルクリックして起動する(画像クリックで拡大)

「コンピュータの管理」左側のペインで、「記憶域」にある「ディスクの管理」をクリックすると、接続しているドライブが一覧表示される。中央下のペインで、変更したいドライブを右クリックして「ドライブ文字とパスの変更」を選ぶ(画像クリックで拡大)

「変更」を押す

プルダウンメニューから、変更したいドライブ文字を選んで「OK」を押す。ここでは「F」を選んでいる。すでに使われているドライブ文字(この場合はC、D、E)は選択できない

ドライブ文字を「F」に変更できた(画像クリックで拡大)