デュアルディスプレイ環境を作る

 ディスプレイが複数あるなら、1台のパソコンに複数のディスプレイを接続して、1台の大きなディスプレイのように使う「マルチディスプレイ」機能(2台接続する場合は「デュアルディスプレイ」と呼ぶ)を使うと便利だ。例えば、外部ディスプレイ出力端子のあるノートパソコンなら、そこにディスプレイを接続すれば簡単にデュアルディスプレイ環境を作れる。使わなくなった古いディスプレイの有効活用にもなる機能だ。

2台目のディスプレイを接続してWindows Vistaを起動したら、デスクトップを右クリックして「個人設定」を選び、「画面の設定」をクリックする。コントロールパネルを開いて、「デスクトップのカスタマイズ」→「個人設定」→「画面の設定」の順にクリックしてもよい(画像クリックで拡大)

「画面の設定」で「2」と表示されている枠を右クリックして「接続」を選ぶ。ちなみに「1」は1台目のディスプレイ、「2」は2台目のディスプレイを示し、それ以上のディスプレイが接続可能なパソコンなら「3」、「4」……と表示される

「解像度」のスライダーで、2台目のディスプレイの解像度を調整する。あとは「デスクトップをこのモニタ上で移動できるようにする」にチェックが入っていることを確認して「適用」を押す