終了時に開いていたフォルダを次の起動時に自動的に開く

 Windows Vistaのスリープ機能を使って終了すると、パソコン終了時の状態を、そのまま次の起動時に再現できる。しかしシャットダウンする場合でも、そのとき開いていたフォルダを次回起動時に再現する(自動的に開く)ことができる。なんらかの理由でどうしてもシャットダウンする必要があるが、せっかく整えた作業状態を失いたくないという場合は、この方法を使おう。ちなみに再現できるのはフォルダの状態のみ。

スタートメニューから「コントロールパネル」を開き、「デスクトップのカスタマイズ」を開く(画像クリックで拡大)

「フォルダオプション」を開く。クラシック表示にしている場合は「フォルダオプション」を直接開けばいい(画像クリックで拡大)

「表示」タブをクリックし、「ログオン時に以前のフォルダウィンドウを表示する」にチェックを入れ、「適用」を押す