【コラム】Windows Aeroに飽きたら見た目を変えてみよう

 Windows VistaはWindows Aero(エアロ)と呼ばれる新しいユーザーインターフェースが特徴のひとつだ。しかし、いくら新しくても毎日使っていると飽きてしまうもの。そんなマンネリを感じたら、ユーザーインターフェースを派手に変えてみよう。

 こうした、Windowsの見た目を変えるソフトはいくつかあるが、ここで紹介するのは米Stardockの「WindowBlinds」(http://www.stardock.com/products/windowblinds/)。最新版はWindows Vistaに対応している(もちろんWindows XP以前のものでも利用可能)。海外のシェアウェアだが、無料の体験版をダウンロードして利用できる。スキンと呼ばれるデザイン用データを世界中のユーザーが提供していて、そのほとんどを無料で利用でき、着せ替え感覚で見た目を変えられる。

ユーザーインターフェースのスキンを変えると、見た目ががらりと変わる(画像クリックで拡大)