ライブタスクバーを使わない

 Windows Aeroの機能の一つに、タスクバーにあるウインドウのアイコンにカーソルを合わせると、そのウインドウを縮小画像(サムネイル)で表示するライブタスクバー機能がある。大量にウインドウを開いている場合に、ライブタスクバーを使って中身をすぐに把握できて便利だが、タスクバーにカーソルを合わせるたびにサムネイルが表示されるのを邪魔に感じることもあるだろう。そんな時はこの機能をオフにしてみよう。

Windows Aeroでは、タスクバーのアイコンにカーソルを合わせると、そのアイコンの中身を縮小画像で表示する(画像クリックで拡大)

ライブタスクバー機能をオフにするには、タスクバーを右クリックして「プロパティ」を選ぶ

「タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ」が表示されるので、「タスクバー」タブをクリックして、「ウィンドウプレビュー(縮小版)を表示する」のチェックを外す