デスクトップを昔のWindows風にする

 Windows Vistaのユーザーインターフェースで「Windows クラシック」を選ぶと、Windows 2000など昔のWindows風のユーザーインタフェースに変更できる。この「Windows クラシック」のユーザーインターフェースは、Windows Aeroのように高いグラフィックス性能を必要としないのがメリットだ。

 Windows Vista以前のWindows風のユーザーインタフェースが好きな人におすすめしたい。また、グラフィックス性能の低いパソコンでWindows Vistaを動かしたい人にも試してほしい。フリップ3Dや半透明効果などWindows Aeroならではの機能は使えないが、そのほかのWindows Vistaの機能は使える。

「スタート」メニューから「コントロールパネル」を開き、「デスクトップのカスタマイズ」をクリックする(画像クリックで拡大)

「個人設定」にある「テーマの変更」をクリックする(画像クリックで拡大)

「テーマの設定」が開き、プルダウンメニューから「Windows クラシック」を選んぶ

Windows 2000風のユーザーインターフェースになる。Windowsサイドバーも非透明になっているが、Windows Aero以外のVistaの機能は利用できる(画像クリックで拡大)