Windows Aeroの透明効果をオフにする

 Windows Vistaのユーザーインターフェース「Windows Aero」は、半透明効果を使っているのが特徴のひとつだ。しかし、半透明処理にはある程度のグラフィックス性能を必要となるため、性能があまり高くないパソコンでは、動作を重く感じる原因にもなる。そこでパソコンの動作が重いと感じたら、Windows Aeroの半透明効果をオフにして動作が軽く感じるかどうか試してみよう。

 まず「コントロールパネル」で「デスクトップのカスタマイズ」を開く。「個人設定」をクリックして開き、さらに「ウィンドウの色とデザイン」を開く。「ウィンドウの色とデザイン」が表示されるので、そこで中ほどにある「透明感を有効にする」のチェックを外す。

スタートメニューから「コントロールパネル」を開き、「デスクトップのカスタマイズ」をクリック(画像クリックで拡大)

「個人設定」をクリック(画像クリックで拡大)

「ウィンドウの色とデザイン」をクリック(画像クリックで拡大)

「透明感を有効にする」のチェックを外して「OK」を押す(画像クリックで拡大)