携帯性に優れたLUMIX L10
手にしっくりなじむE-3

 5モデルのサイズや重さを比べると、LUMIX DMC-L10(以下、L10)の携帯性の良さが浮かび上がる。ページ下に記した比較表を見ても分かるとおり、L10は非常に軽い。付属レンズを付けた状態で5モデル中唯一1000gを切る。また、付属レンズはやや大ぶりとなるが、L10はボディーサイズも小さいことが下の写真から分かる。中級クラスともなると持ち運ぶのに気合がいるが、その点、L10は気軽に持ち運べる。

右上から時計回りに、E-3、α700、EOS 40D、LUMIX DMC-L10、D300。LUMIX DMC-L10はレンズが大ぶりなものの、ボディーサイズの小ささが際立つ(画像クリックで拡大)

 実際に各モデルを手に構えたところ、筆者の手にはE-3が最もよく手になじんだ。ボディー本体のバランスはもとより、レンズが小ぶりなため全体の重量バランスが安定しているのだ。次いでよかったのが、グリップに引っ掛かりがあり、落としにくいD300。EOS 40Dは可も不可もない安心感のあるグリップだった。α700は従来モデルからはるかに持ちやすくなった印象を受ける。ただし、ややバランスが悪く、片手で構えるとグリップの反対側が重く、傾いてしまう。L10は携帯性に優れている半面、グリップ部分が小さく、手の大きい人では小指が余ってしまうように感じられた。

■サイズ、重さ比較表
製品名 E-3 EOS 40D α700 D300 LUMIX
DMC-L10
サイズ 幅14.25×
奥行き7.45×
高さ11.65cm
幅14.55×
奥行き7.35×
高さ10.78cm
幅14.17×
奥行き7.97×
高さ10.48cm
幅14.7×
奥行き7.4×
高さ11.4cm
幅13.45×
奥行き7.75×
高さ9.55cm
重さ
(ボディーのみ)
810g 740g 690g 825g 480g
付属レンズの重さ 435g 475g 470g 560g 434g
合計 1245g 1215g 1160g 1385g 914g
付属レンズ
(一般的にセット販売されているレンズを含む)
ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5 EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM DT 16-105mm F3.5-5.6 AF-S DX VRズームニッコールED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) ライカDバリオ・エルマー14-50mm/F3.8-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.