室内使用ではD300
屋外ではα700に軍配が上がった

 液晶モニターの比較では、画素数の違いによる見やすさが如実に表れた。画素数で他モデルに勝っているのは、92.1万画素のα700と、92万画素のD300。サイズも3型と大きく、実際、屋内での使用ではこれら2モデルの見やすさが群を抜いていた。2モデルの見え方はほぼ同じといっていいだろう。次いで見やすかったのはEOS 40D。これは画素数は23万画素と少ないながら、液晶サイズが3型と大きいことが功を奏したようだ。

 一方、屋外での使用ではα700がいちばん見やすく、次いでEOS 40DとLUMIX DMC-L10となった。D300は予想に反してその次といった感じだ。上位3モデルはコントラストが高く、太陽光の下でもはっきり画像を確認できた。α700ではさらに反射光による見にくさを防ぐためにARコート処理を施し、高い視認性を誇っているようだ。なお、E-3は屋外、屋内ともに液晶モニターの発色がやや眠く感じた。

室内で5モデル同時にメニュー画面を表示させて撮影。液晶モニターの輝度はすべて普通、もしくは普通に準じる明るさに設定してある。写真は右上から時計回りに、E-3、α700、EOS 40D、LUMIX DMC-L10、D300。画素数で他モデルに差をつけているα700とD300の液晶モニターが見やすいのが分かる(画像クリックで拡大)

■液晶モニター比較表
製品名 E-3 EOS 40D α700 D300 LUMIX DMC-L10
サイズ 2.5型 3型 3型 3型 2.5型
画素数 23万画素 23万画素 92.1万画素 92万画素 20.7万画素