銀座特集INDEX へ

おいしく食べながら健康になれる
世界最古の薬局と提携したイタリアン

 約800年前にフィレンツェに誕生した世界最古の薬局、サンタ・マリア・ノヴェッラの思想を取り入れたレストラン「ジャッジョーロ銀座」が7月にオープンした。素材本来の力を重んじ、シンプルにその味わいを生かして調理する。そんなイタリア・トスカーナ料理と、同薬局のハーブの香りや薬効の力を取り入れた、体に優しく語りかけてくれるようなメニューがそろう。

黒米と赤米、ハーブを赤ワインビネガーのドレッシングでいただく「古代米とフレッシハーブのサラダ」2400円
ぷりぷりとした食感と、ハーブの香りが食欲をそそる「骨付きロース黒豚の炭火焼」3400円
麺に黒コショウを練り込んだ自家製パスタ「黒コショウと唐辛子のタリアテッレ 甲イカとアサリのソース」2400円
デザート酒や食後酒におすすめのサンタ・マリア・ノヴェッラのハーブリキュール1杯1200円

 例えば、肉料理に使用するサンタ・マリア・ノヴェッラのミックスハーブは、消化促進を高めるセージをはじめ、疲労回復や気力促進に効果的なローズマリー、整腸作用があるとされるタイムなどを独自にブレンド。カロリーが気になる肉料理も、こうしたハーブの薬効を知っていれば、安心して食べられる。

 疲れ気味の客や、翌日大切な仕事が控えた客が訪れ、その日の気分で素材や料理法を選ぶことも多いという同店。お腹の状態に合わせて食べる量を調節したいという希望に応え、ほとんどのメニューがハーフポーションで注文できるなど、細やかに一人ひとりの客の要望に応えてくれる。

イメージ

カウンターとテーブル席からなる店内。料理人が腕をふるう様子が見えるカウンターが人気

 本格イタリアンでありながら、ヘルシーさを併せ持つ。心身ともにストレスの多い現代人には、ありがたい一軒だ。

イメージ

店から一言


素材選びからハーブを生かしたメニューの考案までを手がけるシェフの岩永建さん


美味しくて、カラダが喜ぶ料理
体調に合わせたメニューも提案します

 健康維持のための食事というと、敬遠されてしまう方も多いでしょう。でも、美味しく食べられて、なおかつカラダにも優しいとしたら、喜ばれる方は多いのではないでしょうか。

 当店は、サンタ・マリア・ノヴェッラの自然治癒や予防医学の思想を取り入れていることはもちろんですが、何よりも心がけているのは新鮮でかつ、栽培法や産地にもこだわったよい食材を集めること。そうして厳選した素材にストレスを与えないシンプルな調理法を施した料理を、味わってください。

 決してドクターズレストランではありません。でも、お客さまからの要望があれば、できる限りその方のカラダの状態に合わせて、料理を提供します。

 例えば生活習慣病が気になって今まで肉を避けてきた方にも、脂分を落とす調理や、消化促進を高めるハーブを使うといった工夫でカロリーを気にせずに食べられる肉料理を出します。実際に、糖尿病を煩い甘いものを我慢している方にも、生クリームを使用しないジェラートを出して、喜んでもらっています。

 その日の体調に応じて、お客さまと一緒にメニューを考える、そんなお手伝いもします。「わがままが通るレストラン」として利用してみてください。

ジャッジョーロ銀座

・東京都中央区銀座7-10-5 デュープレックス銀座タワー7/10地下1階

・電話 03-5537-2233

・営業時間 17時~23時半(22時ラストオーダー)、土曜のみ11時半~14時(13時ラストオーダー)ディナー18時~

・日曜祝日休

・カードほぼ全て可

・夜の食事予算一人1万円程度~

・旬の野菜の炭火焼2500円、地鶏の炭火焼5100円

(文/宇治有美子、写真/赤松洋太)