電子マネーとは

 電子マネーを一言で表現すると、現金の価値を電子化(=データ化)したもの。このデータをお店とユーザーがやり取りすることで、実際に現金を受け渡しすることなく商品やサービスの代金を支払えるわけだ。

 ただ、ひと口に電子マネーと言っても大きく2つのタイプがある。ひとつは主にインターネット上の通販で利用するタイプ(「WebMoney(ウェブマネー)」や「bitCash(ビットキャッシュ)」など)。もうひとつが「非接触型ICチップ」(詳しくは後述)を内蔵したプラスチックカードや携帯電話で支払いを行うタイプ。ビットワレットの「Edy(エディ)」やJR東日本の「Suica(スイカ)」などは後者の方式で、インターネット上に限らずコンビニなど一般的な店舗で幅広く利用できる。

図1

電子マネーの分類

 EdyやSuicaがコンビニなどで使えるのは、非接触型ICチップに残金情報や利用履歴などを記録しているため。データ化した現金をプラスチックカードや携帯電話に入れて持ち歩いているイメージだ。コンビニなどにデータをやり取りするための読み取り端末(リーダー/ライター)が設置してあれば支払いができる。

 一方、WebMoneyなどでは、データ化した現金は電子マネーサービスを提供する企業内のコンピュータで管理していることが多い。コンビニなどでWebMoneyを購入すると、暗証番号が記載されたカードなどを受け取るのだが、このカードにはデータは入っていないのだ。この状況は現金を銀行口座に預けた場合と同じ。データは暗証番号を使って引き出せるのだが、多くの場合はインターネットを利用して暗証番号を送信する必要があるので、ネットショッピングなどに利用範囲が限定されてしまう。

 なお、この「電子マネーの基礎知識」では主にコンビニなど実際の店舗で利用する電子マネーについて解説していく。今後、単純に電子マネーを記載した場合は、店舗利用タイプを示すこととする。