クレジットカードによる入金

 前述した通り、プリペイド型の電子マネーでは入金作業が必要になる。コンビニなどの店員に現金を渡し、入金作業をしてもらうのが一般的だ。SuicaやPASMOなら駅の券売機で入金できる。

 現金による入金に加えて、クレジットカードによる入金方法を提供することで利便性を向上させている電子マネーもある。イメージはクレジットカードで電子マネーを購入すると思えばいい。財布に現金がなくても入金できるのは便利だ。さらに多くの場合、電子マネーの入金に使った金額もクレジットカードが提供しているポイントサービスのポイント付与の対象になっている。

ポストペイ型電子マネーのクレジットカードからの入金方法

  Edy Suca ICOCA PASMO nanaco WAON
任意の金額の入金 クレジット入金はできない
オートチャージ
携帯電話を使った入金

 クレジットカードでの入金には少し手間が必要だ。

 まず、国内で発行されているすべてのクレジットカードが利用できるわけでない点に注意。Edyは比較的多くのクレジットカードが利用できるが、ほかの電子マネーについては使えるクレジットカードが少ないケースもある。手元のクレジットカードが入金に使えるかは、各電子マネーのWebサイトで確認してもらいたい。

FeliCaポート

カード型のEdyでクレジットカードから入金するにはあらかじめクレジット番号、パスワードなどを設定しておく必要がある(画面下部参照)。

 続いて、あらかじめ入金に使うクレジットカードを登録する作業が発生することもある。例えば、Edyでは住所といった個人情報を登録するとともに、クレジットカード番号とパスワードを設定する。これで入金するたびにクレジットカード番号を入力する必要がなくなる。登録作業はカード型では「FeliCaポート」と呼ぶ電子マネーなどの読み書き機能を搭載したパソコンから実行する。最近はソニーやNECからFeliCaポートを搭載する製品が数多く登場している。もし、手持ちのパソコンにFeliCaポートがない場合は、USB経由で接続する読み取り機器を別途購入するしかない。ソニーが発売する「PaSoRi(パソリ)」なら実売価格3200円程度で手に入る。一方、携帯電話でEdyを使う場合は、専用アプリケーションからクレジットカード番号やパスワードを設定するので、パソコンは不要だ。


FeliCaポート

パソコンに搭載された「FeliCaポート」。写真はソニーのVAIO type Fのもの。

 Suicaのカード型の場合は、面倒なクレジットカードの登録作業は発生しないが、JR東日本の駅に設置してあるATM「VIEW ALTTE(ビューアルッテ)」などでしか入金作業ができない。しかも、入金に使えるのはJR東日本のクレジットカード「ビューカード」だけ。携帯電話の「モバイルSuica」はEdyと同様に初期設定時に登録する。この場合、ビューカード以外のクレジットカードを指定可能だ。

 クレジットカードの入金作業の使い勝手はカード型と携帯電話で大きく異なる。例えば、Edyでは入金にもFeliCaポート搭載のパソコンが不可欠だ。Suicaなら前述した通りVIEW ALTTEなどを利用するしかない。好きなときに好きな場所では入金ができない。その一方で、携帯電話では、携帯電話のエリア内でバッテリーの残量があれば入金作業を実行できる。クレジット入金をメインに考えているなら携帯電話型を利用したほうが利便性は高いと言える。

 クレジットカードによる入金を自動化する「オートチャージ」機能を用意する電子マネーもある。これは残金が一定額以下になった場合に自動でクレジット入金を実行する機能で、ポストペイ型の電子マネーのように残金の心配がなくなる。SuicaではVIEW ALTTEで一回のオートチャージで入金する金額などを指定しておく。ちなみに、PASMOはクレジットカードからの入金手段として、オートチャージしか選べない。

ATMの画面

VIEW ALTTEにあるATMの画面。右上からクレジットカードによる入金作業が実行できる。また、右下にはオートチャージの金額を指定するコーナーがある。