電子マネーの分類

 電子マネーの種類はさまざま。分類方法もたくさんがあるが、ユーザーとして一番押さえておきたいのは「プリペイド型」(前払い)と「ポストペイ型」(後払い)の違い。

 

電子マネーの分類

プリペイド型 ポストペイ型
・Edy(ビットワレット) ・iD(NTTドコモ)
・Suica(JR東日本) ・QUICPay(ジェーシービー)
・ICOCA(JR西日本) ・Visa Touch(ビザ・インターナショナル)
・PASMO(パスモ) ・Smartplus(三菱UFJニコス)
・nanaco(セブン&アイ・ホールディングス) ・PiTaPa(スルッとKANSAI)
・WAON(イオン)  
メリット
・事前に入金するので使い過ぎない ・いちいち入金作業をする必要がない
デメリット
・入金作業が面倒 ・利用金額が後から請求されるので使い過ぎが心配

 プリペイド型は、利用する前に入金(=チャージ)作業が必要な電子マネーで、主なものにEdy(エディ)やSuica(スイカ)などがある。事前に一定額を入金しておく必要があるため使い過ぎる心配がないのがうれいしところ。入金できる限度額も最大で5万円程度と、それほど多くない。その代わりに残額が少なくなるたびに入金する手間が生じる。プリペイド型のものでも、中にはクレジットカードから入金することで、入金の手間を省くことのできる電子マネーもある。また、プリペイド型はカードなどを紛失した際の保障がない場合もあるが、Suicaやnanacoなどで、あらかじめ名前などの個人情報を登録した記名式カードを購入したユーザーなら利用停止時の残高を再発行してもらえる。

 一方のポストペイ型は、利用した金額を後から請求される電子マネーで、主なものに「iD(アイディー)」や「QUICPay(クィックペイ)」などがある。入金する手間は不要だが、後払いと言うことで、ついつい使いすぎてしまう恐れがある。利用金額の支払いにはクレジットカードを使う場合がほとんど。あらかじめ指定したクレジットカードの毎月の請求額に、電子マネーの利用分が含まれている。このためポストペイ型の電子マネーの使い勝手はクレジットカードと変わらない。また、ポストペイ型は、カードなどを紛失して不正利用された場合でも、クレジットカード同様の保障があることが多い。